個人的にはV-Drumファン

| | コメント(0) | トラックバック(0)

シモンズの時代、およびシンセドラム(通称、シンドラ)が活躍した時代に比べると、今のサイレントドラムスは、値段、タッチ、音源の豊富さ、表現の自由度、等々からして隔世の感があります。

代表格はYAMAHA、Roland の2社が代表格ですが、個人的にはRoland のV-Drumの方が好きですね。

YAMAHA は十八番芸のデジタル音源が逆に「少々臭く」、ロックを中心にバシバシ音系を出したいドラマー向き。

Roland はドラムスメーカーでもないのに、音源、音質、パッドのタッチが良く考えられており、音源や表現にしても、ジャズ系も無理なくカバーできるものです。

最後は個人の好みになりますが、YAMAHA は価格的に少しおやすいレンジのものがあるので、入門機としてはよいかもしれませんね。

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: 個人的にはV-Drumファン

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://neversay.s306.xrea.com/mt/mt-tb.cgi/40

コメントする

カテゴリ

ウェブページ

Powered by Movable Type 4.1

このブログ記事について

このページは、neversayが2007年10月 5日 23:37に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「サイレント楽器? デジタル楽器?」です。

次のブログ記事は「ローランドのドラムス研究」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。